瀬戸内海の自然と恵みを堪能できる!岡山県の海辺の観光スポット

恋人の聖地としても認定されている牛窓を巡る

牛窓は日本のエーゲ海といわれるマリンリゾート地です。内海の風待ち、潮待ちの港として古くから栄えた港町の面影も残しています。
多くの観光客が訪れる場所が「ヴィーナスロード」です。潮が引くと牛窓沖にある黒島までの800mほど道が出現して、歩いて島まで渡ることが可能です。黒島にはカップルで触ると幸せになれるハートの石があり、恋人たちの聖地として注目されています。
また、牛窓は地中海に似た気候からオリーブ栽培が盛んにおこなわれています。「牛窓オリーブ園」ではオリーブオイルや塩漬けなどの商品が販売されており、家族や友人へのお土産に最適です。園内には幸福の鐘というものがあり、恋人同士で鳴らすと幸せが訪れるといわれています。

岡山を代表する牡蠣の生産地、日生を楽しむ

日生は海の幸に恵まれた活気あふれる港町と風光明媚な日生諸島からなる地域です。「五味の市」という愛称の魚市場はいつも盛況で、毎週土日になると屋台や産直のお店が並びます。購入した海産物はバーベキューコーナーを利用することで、その場で焼いて食べられます。せっかく市場で買うのだから、なるべく新鮮なうちに食べたいですよね。
日生は牡蠣の養殖場としても有名です。そのため、観光に行くなら牡蠣のシーズンにあたる10月下旬から3月がおすすめです。シーズン中には焼き牡蠣を堪能できます。また、ご当地グルメとして有名な「日生カキオコ」も食べられます。日生カキオコは、大粒の牡蠣がたっぷり入ったお好み焼きです。冬場には、地元のお好み焼き屋に行列ができるほどのメニューになっています。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です