知っておきたい!海外旅行で必要になるパスポートとビザについて

パスポートの申請は早めに

初めて海外旅行をする場合はパスポートを持っていないというケースも多いでしょう。しかしパスポートは、海外へ行く際に必ず持っていなければならないものなので、事前に作っておく必要があります。申請に必要なものとしては、戸籍謄本や本人確認書類、申請用の写真が挙げられます。ただし注意しておきたいのは、パスポートの取得には意外と時間がかかるということや、パスポートの申請が出来る場所は限られているということです。パスポートの申請が出来るパスポートセンターは、各都道府県に多くても数か所程度しかないため、お住まいの場所によってはセンターまで遠くてなかなか行けないという場合もあるでしょう。ですのでパスポートの申請は、出来るだけ早めに済ませておくことをお勧めします。

ビザが必要になる場合もある

海外旅行では、その人物の入国を保証するビザと呼ばれるものが必要になる場合と、必要ない場合があります。多くの国では、ある条件をクリアしていればビザを免除するという査証免除が行われているため、海外旅行でビザが必要ないというケースも少なくありません。ただし、この査証免除の条件は国によって異なるため、事前に確認しておく必要があります。例えば韓国であれば、90日以内の滞在でビジネス目的以外であれば不要となっていますが、アメリカ合衆国の場合は、目的や期間に関わらずESTAというビザに似たものを取得しなければなりません。また、ビザが必要な場合に取得を忘れていると入国そのものが出来なくなるため、十分注意しましょう。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です